エラー情報

リクエスト内容もしくはサーバでの処理中にエラーが発生した場合にはエラーレスポンスを返します。
エラーの種類は HTTP のレスポンスステータスコードで判別し、詳細はレスポンスボディの文字列で識別してください。
ステータスコードの 400 台はクライアントエラーで、500 台はサーバエラーとなります。

アプリケーションから返すエラー

リクエストパスが不正な場合

HTTP レスポンスステータスコード: 400

{
    "status_code": 400,
    "message": "This request path is invalid"
}

リクエストパラメータの組み合わせが不正な場合

HTTP レスポンスステータスコード: 400

{
    "status_code": 400,
    "message": "This request parameter is invalid"
}

リクエストパラメータの値が不正な場合

HTTP レスポンスステータスコード: 400

{
    "status_code": 400,
    "message": "This request parameter is invalid"
}

リクエスト API が不正な場合

HTTP レスポンスステータスコード: 400

{
    "status_code": 400,
    "message": "This API is invalid"
}

未契約のリクエストを送った場合

HTTP レスポンスステータスコード: 400

{
    "status_code": 400,
    "message": "bad usage on this contract"
}

認証に失敗した場合

HTTP レスポンスステータスコード: 401

{
    "status_code": 401,
    "message": "This client is invalid"
}

署名に誤りがある場合

HTTP レスポンスステータスコード: 401

{
    "status_code": 401,
    "message": "This signature is invalid"
}

リクエスト長の上限を超えている場合

HTTP レスポンスステータスコード: 414

{
    "status_code": 414,
    "message": "URI too long."
}

指定された条件に該当する経路が見つからない場合

HTTP レスポンスステータスコード: 500

{
    "status_code": 500,
    "message": "The specified route is not found."
}

ルート関連の不整合が発生した場合

HTTP レスポンスステータスコード: 500

{
    "status_code": 500,
    "message": "internal error"
}

サーバ側で不整合が発生した場合

HTTP レスポンスステータスコード: 500

{
    "status_code": 500,
    "message": "server error"
}

サービス元から返るエラー

インフラストラクチャにクラウドを採用しているため、サービス元よりステータスコード、および、レスポンスボディの文字列が返る場合がございます。 主なエラーは以下のとおりです。

クライアント ID が不明な場合

HTTP レスポンスステータスコード: 403

{
    "message": "Invalid CID"
}

一定時間内に大量のリクエストを送信した場合(レートリミット)

HTTP レスポンスステータスコード: 429

{
    "message": "Too Many Requests"
}

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)によりアクセスが遮断された場合

HTTP レスポンスステータスコード: 403

{
    "message": "Forbidden"
}