ルート前後検索

/route_slide [GET]

基本情報

概要

電車(航空路線、徒歩含む)を移動手段として、基準経路の前後の時間の経路を検索します。
※経由地の指定はできません
※当APIをご利用の場合は、時刻表データ利用のオプション契約が別途必要となります

URL

https://{HOST}/{CID}/v1/route_slide

※RapidAPIでは提供しておりません

出力形式

  • JSON

対応言語

  • ja, en, ko, zh-CN, zh-TW, th

出力順

  • 出発時刻の昇順

パラメータ

パラメータ名 必須 概要 型名 デフォルト値 上下限/選択値 備考
start 出発地点 ・地点のJSON表現
・文字列(ノードID)
・カンマ区切りの数値(緯度,経度)
goal 到着地点 ・地点のJSON表現
・文字列(ノードID)
・カンマ区切りの数値(緯度,経度)
start_time 出発時刻 文字列(日付時刻)
YYYY-MM-DDThh:mm:ss
時刻の指定例 2019-09-26T08:00:00
出発ノードIDの時刻を指定してください
train_id 基準となる列車ID 文字列 /route_transitのレスポンス項目「self_id」の値を指定してください
start_node 基準となる出発ノードID 文字列
range 範囲指定 数値(整数、またはアンダースコアで繋いだ非負の2つの整数) 正数:N本後
負数:N本前
N_Mの形式:N本前からM本後
前後合わせて10本までの指定が可能です
0を指定した場合はエラーとなります
basis_route 基準経路 基準経路のJSON表現(配列)
walk_route 徒歩の利用ルート指定 文字列 avoid_step:階段回避ルート
avoid_escalator:階段とエスカレータ回避ルート
avoid_rain:雨に濡れにくいルート
babycar:ベビーカーが通れるルート
未指定の場合は推奨ルートを使用します
ピリオド区切りで複数指定可能です
walk_speedを指定した場合はエラーとなります 
walk_speed 徒歩の速度(単位:km/h) 数値 5 最小値:3.0
最大値:8.0
小数値は第一位まで有効です
walk_routeを指定した場合はエラーとなります
use_car 車の利用有無 真偽値 false - true:車を使う
- false:車を使わない
詳細はこちらをご覧ください
use_share_cycle シェアサイクルの利用有無 真偽値 false - true:シェアサイクルを使う
- false:シェアサイクルを使わない
詳細はこちらをご覧ください
※時刻表データ利用時のみ指定可能
bicycle_speed 自転車の速度(単位:km/h) 整数値(時速) 15 最小値:5
最大値:132
use_share_cycle指定時のみ有効
bicycle_condition 自転車ルート検索の優先考慮事項 文字列 recommend recommend:推奨
total_distance:距離が短い
low_pitched:坂道が少ない
high_pitched:坂道が多い
main_street:大通り優先
back_street:裏通り優先
cycling_road:サイクリングロード優先
use_share_cycle指定時のみ有効
bus_data バスの利用データ 文字列 none none:バス時刻表利用なし
timetable:バス時刻表利用あり
バス時刻表を利用する場合はオプション契約が別途必要となります
options 追加出力情報 文字列 railway_calling_at:乗換の途中駅情報
bus_commuter_pass:バス定期券情報
congestion:混雑度情報
バス定期券情報はバスデータ利用時のみ指定可能
混雑度情報は時刻表データ利用時のみ指定可能
混雑度情報の詳細はこちらをご覧ください
datum 緯度経度の測地系 文字列 wgs84 wgs84:世界測地系
tokyo:旧日本測地系
coord_unit 出力データに含まれる緯度経度の単位 文字列 degree degree:度表記の10進法
millisec:ミリ秒表記
lang 言語 文字列 ja: 日本語
en: 英語
ko: 韓国語
zh-CN: 中国語(簡体字)
zh-TW: 中国語(繁体字)
th: タイ語
出力する言語を指定します
※多言語オプション申込時のみ利用可能
(RapidAPIでは利用不可)

パラメータの指定について

「ルート検索(トータルナビ) /route_transit」の出力結果から抽出した項目を指定してください。
/route_transitの出力結果にself_idが複数存在する場合は、1つ目のself_idをtrain_idに指定してください。
start_timeには、基準となる出発ノードIDに対する時刻を指定してください。

use_car及びuse_share_cycleの指定について

車及びシェアサイクルのルートを出力する際は、下記の区間を考慮します。
・出発地から目的地
・出発地から出発駅
・目的駅から目的地

混雑度情報について

混雑度情報の対象は、平日のみとなります。
下記の各路線(首都圏)に対応しています。
【JR】
川越線、京浜東北線、京葉線、埼京線、湘南新宿ライン、常磐線、総武線快速、総武線各停、外房線、高崎線、中央線、東海道線、東北本線、南武線、根岸線、武蔵野線、山手線、横須賀線、横浜線
【地下鉄】
銀座線、千代田線、東西線、南北線、半蔵門線、日比谷線、副都心線、丸ノ内線、有楽町線、都営浅草線、都営大江戸線、都営新宿線、都営三田線
【私鉄】
小田急小田原線、小田急多摩線、小田急江ノ島線、京王線、京王相模原線、京王井の頭線、京王新線、京急本線、京成本線、京成押上線、京成成田空港線、北総鉄道線、東葉高速線、埼玉高速鉄道、西武新宿線、西武池袋線、西武有楽町線、相鉄本線、相鉄いずみ野線、つくばエクスプレス、東急東横線、東急目黒線、東急田園都市線、東急大井町線、東急池上線、東急多摩川線、東京モノレール、東武伊勢崎線、東武東上線、日暮里舎人ライナー、みなとみらい線、ゆりかもめ、りんかい線、京急空港線

地点の JSON 表現

プロパティ名 必須 概要 型名 デフォルト値 備考
lat (✔) 緯度 数値
lon (✔) 経度 数値
node (✔) 駅/連絡バス停ID 文字列
name 地点名称 文字列

地点のJSON表現における必須項目の指定方法について

lat, lon, nodeがすべて指定されている場合は、nodeが優先されます。
latを指定した場合は、lonも必ず指定してください。
lonを指定した場合は、latも必ず指定してください。
lat, lonの指定がない場合は、nodeが必須となります。

基準経路の JSON 表現

プロパティ名 必須 概要 型名 デフォルト値 備考
start 出発ノードID 文字列
goal 到着ノードID 文字列
link 路線ID 文字列
direction 進行方向 文字列 up:上り
down:下り

パラメータ構成例

・出発駅:東京駅、到着駅:千葉駅、出発時刻:2019年10月1日8時、3本後までを出力

/route_slide?start=00006668&goal=00005172&start_time=2019-10-01T08:00:00&start_node=00006668&train_id=808e0191&range=3&basis_route=[{"start":"00006668","goal":"00005172","link":"00000168","direction":"down"}]

 

JSON 表現は URL エンコードをした上でリクエストしてください

レスポンス

  • 「ルート検索(トータルナビ) /route_transit」と同等のレスポンスとなります

  • 基準経路を含む複数の経路が出力されます