株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業 03-3402-0827

バイク便や自転車便の安全運転を支援

ナビゲーションアプリ開発キット「NAVITIME SDK」が、
バイク・自転車にも対応いたしました

自転車・バイク向けに対応

今後も増えていく配達需要

昨今の状況によりバイクや自転車での配達需要が拡大しています。
宅配サービスの新規参入や拡張などもあり、今後も利用数は増えていくことが想定されます。


自粛期間中の宅配/デリバリー利用(アンケート):7割の人が利用 今後の宅配/デリバリー利用意向(アンケート):8割の人が利用意向あり

引用元:Wizleap「ほけんROOM」 (調査方法:インターネットリサーチ、期間:2020年5月8~12日、回答数:803人) https://hoken-room.jp/money-life/8616



バイクや自転車の配達における安全面の課題

しかし、バイクや自転車が入れない場所への進入による事故などニュースになることもしばしば起こっており、
安全運転への関心も同様に高まっています。


高速道路進入による事故

※画像はイメージです



例えば、首都高では、通行のできないバイクや自転車での首都高の誤進入は年間250件以上
うち、約3割がナビアプリを使用して進入しており、特に車モード等を利用しているケースが多いとのことです。

※引用元:首都高ドライバーズサイト(https://www.shutoko.jp/use/safety/keepout/)


バイクや自転車という移動手段にきちんと対応したナビゲーションが必要になってきていると言えます。



ナビタイムジャパンのバイク・自転車に対する取り組み

ナビタイムジャパンでは、様々な移動手段のナビゲーションサービスを提供しています。
バイク・自転車についても、特有のさまざまな情報を考慮するため、独自調査により地道にデータ収集・整備を実施、 経路検索システムへの対応を行うことで、最適なルート検索が可能になっています。


個人ユーザー向けには2011年より「自転車NAVITIME」、2014年より「ツーリングサポーター」のサービス提供を行い、バイクや自転車利用者の安全運転を支援してまいりました。
ユーザーからのご意見にも随時対応し、日々ルートの精度向上に努めています。


自転車NAVITIME

自転車NAVITIMEサービスイメージ 自転車NAVITIME特長

ツーリングサポーター

ツーリングサポーターサービスイメージ ツーリングサポーター特長


「NAVITIME SDK」での提供により、配達員の方の安全支援および業務支援に

上述の「自転車NAVITIME」「ツーリングサポーター」と同等のナビゲーション機能をお客様側で開発できるようにしたサービスが、ナビゲーションアプリ開発キット「NAVITIME SDK」です。

これまで、「NAVITIME SDK」は車向けに提供を行っていましたが、新たに自転車・バイク向けに提供を開始しました。

NAVITIME SDKが自転車・バイク向け追加
このサービスの活用により、配達先まで、自転車やバイク(排気量も考慮)の走行に適した道を案内することができ、配達員の方の危険運転を未然に防ぐための手段として、役立てていただけます。

また、組み込み用のライブラリ提供のため、自社システムと連携したサービスを構築いただくこともできます。



SDKの活用イメージ

「NAVITIME SDK」活用イメージ




今後もナビタイムジャパンでは、自転車やバイクでの配達業務を行う事業者様、配達員の方の業務に貢献できるよう、サービスの機能拡充・精度向上などに努めてまいります。



サンプルアプリのご用意もございます。ご興味があればお問い合わせください。

NAVITIMECopyright © NAVITIME JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.