株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業 03-3402-0827

満空情報もわかる!全国の駐車場を検索できるナビタイムの駐車場検索API



新型コロナウィルスの流行により移動が抑制される一方で、感染防止の観点で車移動を選択する人が増え、特に自家用車での通勤をする人によって都心部等一部エリアでは駐車場の利用者数の増加もあったそうです。

通勤以外でも増加している車の移動ですが、車の移動でかかせないのが駐車場を探す事ではないでしょうか。
今回は、NAVITIME APIが提供するスポット検索の中から、駐車場検索APIについてご紹介いたします。




安全面における駐車場情報の重要性

令和3年11月の警察庁交通局の報告によると、令和2年の調査では、瞬間路上駐車台数は約4万5,900台。また、令和2年中の駐車車両への衝突事故発生件数は640件、駐車車両等に起因した人身事故は942件とのことです。

違法駐車自体は年々減少傾向にあるものの、依然として駐車車両が交通渋滞の要因となっており、駐車車両に起因する交通事故が後を絶たない状況です。

そういった中で、駐車場の情報は、車利用の利便性向上のほか、安全な交通社会の実現に非常に有益であると言えます。


全国の駐車場情報を日々更新し提供

ナビタイムジャパンでは数百社の駐車場運営会社から情報を集め、全国約99,000件(※1)の駐車場情報を取り扱っています。

それらの情報はナビタイムのカーナビアプリ「カーナビタイム」や「ドライブサポーター」などで提供しているほか、NAVITIME APIでも同様の情報を法人企業様向けに提供しています。
駐車場情報は日々更新を行い、新しくできた駐車場だけではなく、行ってみたら無かったという事がないように閉鎖された駐車場についても情報を整備し、最新の情報を提供できるように努めています。

※1:2022年3月時点の情報です



駐車場の混雑状態もわかる詳細情報

駐車場をみつけても満車で駐車できず、駐車場探しに苦労したというのは、皆さんも経験されたことがあるかと思います。
今停められる駐車場を探すことができれば、目的地までの移動も円滑に行うことできます。

ナビタイムの駐車場検索APIでは駐車場の満空情報も提供しており、提供している満空情報は5分毎に更新されています。
また、満空車以外にも駐車可能な台数や営業時間、料金など様々な情報を提供しています。

以下はAPIを使って取得した情報を画面表示した例です。

駐車場の満空情報表示イメージ


車両のサイズにあった駐車場検索

機械式立体駐車場では車のサイズによっては駐車ができません
また、コインパーキングにおいてもサイズ制限があり、人気のSUVや比較的サイズが大きい輸入車では、車長や車高が制限内であっても車幅が制限を超えてしまうことがあるようです

制限を超えてしまうと車同士の接触などの事故につながりかねません。

駐車場の車両制限についてどこで確認ができるかというと、コインパーキングでは入り口等に設置してある看板に利用方法や利用約款の記載があり、その中に駐車できる車両の条件が記載されています。しかし、一つ一つ看板の記載内容を確認しながら駐車場を探すのは非常に困難です。

ナビタイムの駐車場検索APIでは、車高・車幅・車長・車両の重量を指定して駐車場を検索することが可能なため、簡単に車両制限を考慮した駐車場を探すことができます

車の車高・車幅・車長について 駐車場検索APIで指定できる車両情報(車高・車幅・車長・重量)


まとめ

駐車場を探す際には、特に気になる利用料金のほか、今すぐ停められるか、営業時間は何時までか、車両のサイズは制限内なのか等、様々な条件を加味する必要があります。
今回ご紹介したナビタイムの駐車場検索APIのご活用により、ドライバーが駐車場を探す際の手間の削減につながります。カーナビやドライバー向けサービス等でのご活用を是非ご検討ください。


NAVITIME APIは90日間無料でAPIのお試し利用が可能です。ご興味があれば是非お問い合わせください。

NAVITIMECopyright © NAVITIME JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.