株式会社ナビタイムジャパン ライセンスチーム 03-3402-0827

NAVITIME SDK(スマートデバイス向け)

ナビゲーションアプリを作成する為のSDKです。短期間で市販カーナビの基本機能を開発でき、ナビゲーション機能を備えた、利便性の高い業務システムを実現できます。

スマートデバイス向けSDKの特長

01

簡単に組み込める
ナビゲーション

様々なOS

地図表示、ルート探索、案内画像、マップマッチ等、カーナビを構成する要素を網羅しています。
それらを使って簡単にナビゲーションを開発可能です。

02

自由度の高い
アプリ開発が可能

豊富な機能

ライブラリでのご提供のため、業務に合わせてアプリを拡張しやすいことが特長です。
機能毎にAPIが独立していますので、例えば地図システム開発キットなどとしても活用可能です。

03

高品質の
ライブラリを使用

ルートカスタマイズ

ナビタイムが提供するアプリケーション内で実際に使用されているライブラリをそのまま提供いたします。
多数のユーザーから信頼される高い品質のライブラリです。

スマートデバイス向けSDKの活用シーン

  • カーナビゲーション
    システム

    見やすい地図や高精度のルート検索をはじめとするナビゲーションに必要な機能を一通り用意していますので自由度の高いナビゲーションが開発が可能です。

  • カーナビゲーションシステム

実際のナビゲーション画面

  • ナビゲーション画面1
    ※画像はイメージです
  • ナビゲーション画面2
    ※画像はイメージです

動作環境

OS Android 4.1(API Level 16)以上
CPU 32bit ARMプロセッサ 1.5GHz(デュアルコア)以上推奨
センサー GPSユニットが搭載されている事

機能一覧

地図

機能 内容
地図表示 車向けに見やすく最適化された地図を表示します。
アイコン・図形表示 任意の画像を地図上に表示することができます。
線や矩形、円なども地図上に自由に描くことができます。
昼夜切り替え 昼用の地図と夜用の地図で色を切り替えることができます。

ルート検索

機能 内容
出発地/目的地の指定 以下のような条件を出発地/目的地に対して設定することができます。
・道路の進行方向
・道路の種別(一般道路、高速道路)
・横付け有無(逆車線方向には進めない、逆車線方向から進入できない、という制限を付ける機能です)
ルート検索
最適ルート検索
2地点間の最適なルートを検索することができます。
各種探索条件を組み合わせることで、いろいろなパターンのルートを検索することができます。
優先条件
推奨、無料優先、高速道路優先、距離優先
重ね合わせ条件
スマートIC利用、フェリー利用、道幅優先
多対多選択ルート検索
出発地と目的地の候補を複数設定し、最適な経路となる組み合わせを検索することができます。
取得できるルート検索結果 ・ルートの所要時間
・ルートの走行距離
・燃料消費量

ナビゲーション

機能 内容
マップマッチ 端末内蔵GPSを使用して実際に走っている道路にマッチングを行います。
音声ガイダンス 適切な箇所でわかりやすく音声案内をおこないます。
案内画像 案内イラストや方面看板、レーン画像を表示させることが出来ます。
※画像はイメージです
交差点拡大図 曲がる必要がある交差点もわかりやすく表示します。
※画像はイメージです
高速施設表示 高速道路上のICを表示することができます。
※画像はイメージです

NAVITIMECopyright © NAVITIME JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.