株式会社ナビタイムジャパン ライセンスチーム 03-3402-0827

NAVITIME SDK(PC・サーバー向け)

PC・サーバー向けSDKはルート検索と到達圏検索を提供しています。各機能に細かな設定を行うことができるため様々なシステムにお使いいただくことができます。

PC・サーバー向けSDKの特長

01
様々なOS

主要なサーバーOS環境に対応しています。特定のOSに依存しないライブラリ提供のため、様々な環境下で動作します。開発環境も多様なものからお選びいただけますので、既設システムへの導入も容易です。

02
豊富な機能

2点間の最適ルート検索、複数地点間の巡回ルート検索、到達圏検索など、豊富な機能をご利用いただけます。

03
ルートカスタマイズ

検索条件の組み合わせや、任意の道路を通行禁止に設定する機能を使って、用途に応じたルートカスタマイズが可能です。

PC・サーバー向けSDKの活用シーン

  • scene.1配車指令システム

    一番早く配車地点に到着できる車両はどれかを瞬時に算出できます。

  • 車両に呼び出しがあった際に、多くの候補の中から最短で到着する車両を選択することができます。
    ナビタイムのルート検索では、自動車の今向いている方向を考慮することが可能なので、より精度の高い到着時刻を提供することができます。

    例えば...
    タクシーやロードサービスの指令システムなどでご活用いただけます。
  • 配車システム
  • scene.2配送・送迎コースシミュレーションシステム

    複数の地点間を最も効率的に巡回するルートを瞬時に算出できます。

  • 複数の経由地があり、どのように回ったら効率がいいかわからない場合、巡回ルート検索なら複数の地点間を最も効率的に巡回するルートを瞬時に算出できます。
    周辺環境への配慮から通らせたくない道路を設定することも可能です。

    例えば...
    トラック配送システムやバスルート作成システム(貸切バスや保育園の送迎バス)などでご活用いただけます。
  • 配送・送迎コースシミュレーションシステム
  • scene.3エリアマーケティングシステム

    指定した地点から○分圏内で到達できる範囲をポリゴン表示できます。

  • 到達圏検索を行うことで、指定地点からn分以内に到達できる範囲を調べることができます。
    例えば店舗を出店する際のチラシの有効範囲をシミュレーションするといったようなマーケティングシステムにもお使いいただけます。

    例えば...
    新規出店の際の商圏分析や配達範囲の分析などでご活用いただけます。
  • マーケティング範囲シミュレーションシステム

動作環境

対応OS Windows、Windows Server
RedHat Linux
CentOS
(詳細はお問い合わせください)
対応言語 C++、C#、Java

(詳細はお問い合わせください)

機能一覧

ルート検索(車)

機能 内容
出発地/目的地の指定 以下のような条件を出発地/目的地に対して設定することができます。

・道路の進行方向
・道路の種別(一般道路、高速道路)
・滞在時間
・横付け有無(逆車線方向には進めない、逆車線方向から進入できない、という制限を付ける機能)
ルート検索
▼ 最適ルート検索
2地点間の最適なルートを検索することができます。
各種探索条件を組み合わせることで、いろいろなパターンのルートを検索することができます。
「優先条件」
推奨、無料優先、高速道路優先、距離優先、ガソリン節約優先、無料・ガソリン節約優先
「重ね合わせ条件」
日時指定、日時規制考慮、幅員優先 など
任意の道路を通行禁止に設定できます。
▼ 巡回ルート検索
複数の立ち寄り点を最短時間または最短距離で巡回するルートを検索することができます。
それぞれの立ち寄り地点に到着(または出発)する希望時刻を設定することができます。
▼ 多対多選択ルート検
出発地と目的地の候補を複数設定し、最適な経路となる組み合わせを検索することができます。
取得できるルート検索結果 ・ルートの所要時間
・ルートの走行距離
・出発地/目的地の情報(日時・滞在時間・緯度経度)
・ルート上の道路分類毎の走行距離
・燃料消費量(燃費は普通車が基本となります)

到達圏検索(車)

機能 内容
到達圏検索 出発地から指定した距離または時間で到達できるエリアを算出します。
取得できる結果 到達圏の端点座標と座標数
これらの情報をポリゴン化することで、地図上で到達圏エリアを可視化できます。

NAVITIMECopyright © NAVITIME JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.